新築一戸建て建売|後悔しがちなことがある!その 対応策も紹介!

不動産

マイホームの購入は、多くの人々にとって人生の中で最も重要な決断の一つです。

しかし、理想的な流れで進めるためには、成功例だけでなく失敗例にも目を向けておく必要があります。

ここでは、新築物件を購入する際に後悔してしまいがちなポイントを紹介し、それぞれの対応策について詳しく解説します。

新築物件で後悔

間取りについては、日常生活に直接関係する部分ですので、実際に住んでから不満を感じることが少なくありません。

例えば、部屋の配置や広さが自分のライフスタイルに合わない場合、生活のしやすさに影響を及ぼすことがあります。

また、お金についても重要なポイントです。

住宅ローンの返済計画や予算の立て方など、慎重な考えが必要です。

さらに、水回りや収納に関しても重要なポイントです。

これらのプランを具体的に想像することは難しい場合がありますので、実際に入居してから後悔することも少なくありません。

間取り

新築戸建ての間取りで公開をする例があります。まずは間取り。

生活動線を考慮せずに購入

生活動線に関して、考慮すべきポイントがいくつかあります。

具体的な失敗例を挙げると、以下のようなものがあります。

1. 洗濯機置き場から物干し場まで階段で移動しなければならない場合:家事の効率を考えると、洗濯物を運ぶ際に階段を使わなければならないのは非効率です。

洗濯機と物干し場の位置関係を再考し、移動距離を短くするように考慮する必要があります。

2. コンセントの数が足りないか、位置が適切でない場合:家電製品を使用する上で、コンセントの位置が遠くて届かなかったり、数が足りなかったりすると不便です。

特にキッチンやリビングなどで頻繁に使用する電化製品には、十分な数のコンセントが配置されていることが重要です。

3. 玄関からリビングが丸見えで、来客の対応に困る場合:プライバシーを守るためにも、玄関からリビングが見えてしまう配置は避けるべきです。

来客が訪れた際に、リビングの様子が透けて見えてしまうと、気を使ってしまい、快適な空間ではありません。

4. キッチンからパントリーまでが遠くて使いにくい場合:調理中に食材や調味料を取りに行くために、キッチンから遠く離れた場所にパントリーがある場合は、作業が非効率になります。

キッチンとパントリーの位置関係を検討し、使い勝手の良い配置にすることが重要です。

以上のような失敗例を踏まえ、間取りプランを考える際には、実際に生活するイメージを具体的に想像し、生活動線のシミュレーションも行うことが重要です。

家族の日常生活を想定して、各部屋や設備の配置を検討し、より快適で機能的な生活空間を実現するために工夫しましょう。

リビングの音が寝室に響く

家の間取りプランによっては、リビングルームの隣に和室が配置されることがあります。

和室はクッション性があり、小さな子供がプレイスペースとして利用できるなど、さまざまな使い方ができます。

ただし、リビングルームに隣接する和室をメインの寝室として使用する場合、家族の生活音が気になることがあります。

そのため、テレビなどを和室とは反対側に配置するなど、レイアウトに工夫が必要です。

プライベートスペースが計画よりも少ない

家庭内の活動を共有できる広々としたリビング・ダイニング・キッチン(LDK)は、家族が団らんの時間を楽しむために欠かせない重要な空間です。

しかし、広さを過剰に確保しすぎると、個々のプライベートスペースが不足してしまう可能性があるため注意が必要です。

家族の構成やライフステージなどを考慮しながら、長期的な視点で部屋数を選びましょう。

費用

続いてお金。

頭金を入れすぎ

住宅ローンを利用する時に、頭金の割合を高くすると、利息負担が少なくなって総支払額が減ります。

ただし、全ての自己資金を頭金に充ててしまうと、家具や家電の費用や引っ越し費用が不足する可能性があるため、資金計画に無理が生じる可能性があります。

また、住宅を購入する際には、「諸費用」として一定割合の現金支払いが必要です。

そのため、頭金の目安としては、「自己資金 – (諸費用+予備費+半年くらいの生活費)」を上限に考えましょう。

頭金額を適切に計画することが重要です。

予算オーバーで住宅ローン返済の負担が大

住宅の価格には一律の定価が存在しないため、細かい要望やこだわりが増えるほど予算が増額してしまうのが一般的です。

ですから、最初のステップとして、現在の年収や勤務状況、将来のライフプランなどを考慮しつつ、慎重に予算の上限を決めることが重要です。

家計を苦境に追い込まないようにするためには、給与が減少したり、働けなくなった場合に備えて、ギリギリのラインで住宅ローンを利用しないことが必要です。

さらに、専門家であるファイナンシャルプランナーやエステートプランナーなどに相談することもおすすめです。

資金計画を立てる際に彼らからアドバイスを受けることで、より正確かつ効果的なプランを作成することができます。

水回り

続いて水回り

トイレの音がリビングに聞こえる

トイレの設置場所は、住宅の水回りというポイントでよく見落とされることがあります。

利便性を考えると、リビングルームの近くにトイレを配置するのもひとつの選択肢ですが、その場合、他の人にトイレの音が聞こえてしまう可能性があることに注意が必要です。

ですので、トイレの設置場所は、移動しやすさも考慮しつつ、適度にプライバシーが保たれるエリアを見極めて、慎重に決定する必要があります。

キッチン収納の少なさ

キッチンの利便性は、収納スペースや配置によって大きく影響されます。

敷地の制限により、キッチンスペースが制約されてしまう場合には、最低限必要な広さを確保できるように計画を立てましょう。

冷蔵庫や食器棚などの設置には、最低限のスペースが必要です。

また、床下収納や壁面収納のアイデアを取り入れることも選択肢の一つです。

キッチンに関しては、家族の中で料理を頻繁にする人の意見を重視し、できるだけ使いやすくすることが重要です。

家族のニーズや好みに合わせたレイアウトや機能を配慮することが必要です。

例えば、作業スペースの広さや収納箇所の配置など、使い勝手を向上させるための配慮が必要です。

掃除用具用の収納スペースが無い

水回りの掃除において見過ごしがちな重要なポイントは、掃除道具の収納場所です。

洗面所やトイレの周りの空間は狭くなる傾向があり、そのために収納スペースを確保する必要があります。

洗面所やトイレの広さを最低限把握した上で、収納スペースをどのように確保するかを検討しましょう。

収納スペースは、洗面所やトイレに最適な場所に設置することが重要です。

収納

最後に収納です。

収納スペースが狭く数が足りない

もし敷地面積が制限されている場合、リビングや居室を広くしたいと思っても、どうしても収納スペースを減らさなければならないことがあります。

しかし、収納スペースが不十分ならば、荷物をしまうことができず、結果的に部屋が狭く感じられてしまいます。

そこで、まずは現在の住まいの収納スペースと荷物の量を明確に把握し、最低限必要な広さを明確にしておくことが重要です。

必要な場所に必要な収納スペースがない

収納スペースは、その広さや個数だけではなく、設置場所も重要です。

何故なら、収納するものがどこにあるかは、利便性や生活の快適さに直結するからです。

たとえば、アウトドアの趣味を持っている人は、外で使う道具や機材を収納しておく場所が必要です。

そのため、できるだけ玄関の近くに広めの収納スペースを確保することが望ましいです。

これにより、アウトドアに出掛ける際に道具をすぐに手に入れられるだけでなく、帰宅後もサッとしまうことができるので便利です。

設置場所を決める際には、自分自身のライフスタイルや日常生活の様子を考慮することも大切です。

たとえば、キッチンには調味料や食器を収納する場所が必要ですし、リビングルームには書籍や雑誌を収納する場所が必要です。

また、子供がいる家庭では、子供のおもちゃを収納するスペースも必要です。

これらの収納スペースを効果的に利用するためには、日常生活の動線や使い勝手を考慮した配置が求められます。

収納スペースが設置された場所が、普段の生活において簡単にアクセスできる位置にあることが望ましいです。

また、できるだけ使いたいものと近くに収納することで、収納物の取り出しやしまいが容易になります。

最適な設置場所を検討するためには、自分の生活スタイルや必要な収納アイテムなどを考慮することが重要です。

これにより、収納スペースを効果的に活用し、快適で整頓された生活を送ることができます。

収納スペースの間口が狭い

収納スペースを考える際には、間口の広さもとても重要な要素です。

せっかく広いスペースを用意しても、間口が狭すぎると大きな荷物を収納することができません。

こんな状況にならないよう、間口の広さについて慎重に考える必要があります。

また、収納スペースを設置する際には、壁との距離や扉のタイプなども考慮する必要があります。

収納場所と対面する壁との距離が適切でないと、スペースの有効活用が難しくなってしまいます。

また、扉のタイプによっても使い勝手が異なることがあります。

開き戸や引き戸など、どのタイプの扉を選ぶかによって、収納スペースの利便性が変わることもあります。

したがって、収納スペースを設置する前に、実際の利用をイメージして慎重に計画しましょう。

間口の広さや壁との距離、扉のタイプなど、さまざまな要素を考慮しながら、使い勝手の良い収納スペースを作り上げることが重要です。

まとめ

お部屋の配置には、生活の流れやリビングと寝室の距離などに十分に注意が必要です。

まずは、最初に予算を決めて、必要な費用や頭金の金額を明確に把握しながら、計画を進めることが重要です。

家族とも相談しながら、トイレの位置やキッチンの収納スペースなどを考慮しなければなりません。

また、収納の場合は、個数や広さだけでなく、設置場所や入口の幅、扉の種類なども意識する必要があります。

もしも「住まいの窓口」を利用する場合は、ハウジングアドバイザーによる条件整理の手助けを受けることも可能です。

タイトルとURLをコピーしました