鉄筋コンクリート 家|rc 造 一戸建て住宅のメリット・デメリットとは?

不動産

鉄筋コンクリート造の家は、非常に丈夫で長持ちすることで有名です。

この建築方式は、木造に比べて耐久性が高く、地震や火災にも強いとされています。

そのため、新築の一戸建てを計画している方にとって、鉄筋コンクリート造は非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

この記事では、鉄筋コンクリート造の家の特徴や費用相場、建築時に留意すべき点について詳しくご紹介します。

鉄筋コンクリート造の家

鉄筋コンクリート造とは、建物の構造の一種であり、木造や鉄骨造などとは異なります。

RC造とも呼ばれる鉄筋コンクリート造は、「強化されたコンクリート」という意味を持ちます。

具体的には、鉄筋という鉄の棒を配置し、その間にコンクリートを敷き詰める構造になっています。

鉄筋コンクリート造の主な特徴として、遮音性、気密性、耐震性、耐火性などが挙げられます。

そのため、マンションや集合住宅だけでなく、一戸建てでも鉄筋コンクリート造が採用されることがあります。

しかし、鉄筋コンクリート造は一戸建ての木造と比べると、建築会社が取り扱っている割合が少ないです。

なぜなら、コンクリートの施工段階で品質管理や適切な配合といったノウハウが必要となるため、施工できるメーカーが限られているからです。

現在の状況では、鉄筋コンクリート造を扱える建築会社は数が限られています。

メリット・デメリット

鉄筋コンクリート造の家は、素晴らしいメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

下記にそれぞれの詳細を説明します。

メリット

鉄筋コンクリート造の家は、その構造上、多くのメリットがあります。

まず第一に、鉄筋コンクリートは遮音性と気密性に優れています。

鉄筋を組むことでコンクリートをしっかりと固定し、室内の音や空気が外に漏れにくくなります。

そのため、防音性能が高く、屋内の静寂さを実現することができます。

また、コンクリートは重量があるため、地震などの災害に対しても強固です。

木造に比べて耐久性が高く、安定性があります。

さらに、コンクリートは燃えにくい材料でもありますので、耐火性にも優れています。

さらに、鉄筋コンクリートは劣化しにくい特徴があります。

コンクリートは長期間に渡って変形や劣化が少ないため、メンテナンスの手間がかからないという利点があります。

また、鉄筋コンクリートの構造は非常に強固であり、デザインの自由度が高いという特徴もあります。

したがって、鉄筋コンクリート造の家を建てることで、自分のこだわりのデザインを実現することができます。

鉄筋コンクリート造の家は、これらのメリットから、オリジナリティ溢れるデザイン住宅を建てたいという方におすすめです。

デメリット

鉄筋コンクリート造の家には、以下に挙げるようなデメリットがあります。

まず、鉄筋コンクリート造は木造や鉄骨造に比べて建築コストが高くなる傾向がありますので、建設予算をオーバーしないように注意が必要です。

また、鉄筋コンクリート造は気密性が高い特徴がありますので、室内に湿気がこもりやすくなります。

そのため、適切な空調や換気施設の設置、結露やカビの対策などを行う必要があります。

加えて、建物の重量が増えてしまうため、土地の状況によっては地盤改良工事や補強工事が必要になる場合もあります。

鉄筋コンクリート造で家を建てる場合は、土地選びも慎重に行うことが非常に重要です。

費用の目安

鉄筋コンクリート造の家は、他の構造と比べて建築コストが高くなる傾向があります。

価格は施工会社によって異なりますが、一般的な坪単価は約100万円以上になります。

一方、木造の建物は50~60万円台、鉄骨造の建物は70~80万円台が目安とされていますので、鉄筋コンクリート造の場合はそれなりの費用がかかることが分かります。

例えば、30坪の土地に鉄筋コンクリート造の家を建てる場合、建物の本体価格の目安は3,000万円以上になります(坪単価100万円の場合)。

このように、コンクリートが固まるまでに時間がかかるため、工期が長引くと仮設費用などがかさむことが、費用が高くなる要因の一つです。

「ローコストで鉄筋コンクリート造の家を建てたい」と考える方もいるかもしれませんが、ローコスト住宅メーカーに依頼しても、トータルコストを大幅に下げることは難しいでしょう。

そのため、複数の会社に見積もりを依頼し、価格を比較しながら検討することが重要です。

耐用年数

鉄筋コンクリート造は、一般に建築コストが高くなりがちですが、一戸建ての場合、建物の構造によって耐用年数が法律で規定されています。

その法令によると、鉄筋コンクリート造の建物の耐用年数は47年となっています。

ただし、耐用年数は主に税金の計算などに使用される数値であり、実際の使用期間は法定耐用年数よりも長い場合が多いです。

そのため、建物を単純に「住み続けられるかどうか」という観点で判断する場合には、法定耐用年数以外の要素にも注意を払う必要があります。

ちなみに、木造住宅の耐用年数は22年であり、鉄骨造は厚さに応じて異なり、19年から34年までの範囲です。

鉄筋コンクリート造の耐用年数は他の構造と比べても長いことが分かります。

以上が、鉄筋コンクリート造の耐用年数についての詳細な説明でした。

まとめ

鉄筋コンクリート造で一戸建てを建てる際には、建物の重さに注意が必要です。

他の建築構造と比較して、地盤に負荷がかかるため、建物の立地によっては地盤が耐えられない可能性があります。

したがって、土地を選ぶ段階で専門家に相談し、適切な立地を決めることが重要です。

また、鉄筋コンクリート造は耐久性が高いですが、劣化することはあります。

コンクリートの乾燥や収縮によってクラック(ひび割れ)が発生し、それが原因で雨漏りなどの問題が起こる可能性があります。

基礎の補修工事などで補強することは可能ですが、設計や品質に問題がないかを確認し、施工会社を慎重に選ぶことも重要です。

タイトルとURLをコピーしました